2016年8月から介護休業給付金の支給率と賃金日額の上限額が改定されます。

介護離職を防止し、介護休業中も所得が保障されることで職場に復帰しやすくすることが目的です。

〔給付率〕(休業開始時の賃金日額の)40%⇨改定後 67%

〔賃金日額の上限額] 14,210円⇨改定後 15,620円

(介護休業給付金の算定基準となる賃金日額の上限額は、雇用保険の賃金日額の上限額(一定の年齢ごとに区分)を もとに決められています。これまでは「30歳から44歳までの賃金日額の上限額」を適用していましたが、平成28 年8月1日以降に開始する介護休業からは、「45歳から59歳までの賃金日額の上限額」を適用します。)